熟慮期間一覧

相続放棄の期限は?いつからいつまで?熟慮期間の起算点について

相続には、相続財産を引き継ぐか放棄するかの選択肢があります。被相続人(亡くなった人)の財産がプラスであれば問題ありませんが、多額の負債がある場合は簡単に相続するわけにはいきません。このため民法では「相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から三箇月以内に、相続について、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。」(民法916乗1項本文)と定め、相続放棄又は限定承認する場合は、3か月の熟慮期間中にその意思を明確にするよう求めています。熟慮期間中に何もしなければ相続(単純承認)したことになり、熟慮期間内に相続人が相続放棄申述書を家庭裁判所に提出すれば、その手続きが正しくなされる限り相続放棄が認められます。すなわち熟慮期間経過後は相続放棄ができないため、相続放棄の期限、すなわち熟慮期間の起算点はいつなのか、自己のために相続の開始があったことを知った時とはいつのことをいうのか?の解釈が非常に重要となります。

相続放棄はいつからいつまでできる?生前に相続放棄できる?相続放棄ができる期間

相続放棄は、民法によってできる期間(熟慮期間)が決まっています。相続放棄ができる期間が決まっている理由は、相続関係の早期安定と相続人の利益保護とのバランスです。しかし、相続財産が多かったり複雑で財産(特に負債)の調査に時間がかかり、期間内に終わらない場合があります。また被相続人と疎遠であったり、先順位の相続人の相続放棄により相続人になった場合、そもそも相続人になっていることを認識できない場合があります。こういった問題がある場合に熟慮期間を原則通りとすると様々な問題が発生しますので、熟慮期間経過後でも相続放棄が認められる場合があります。ここでは、相続放棄がいつからいつまでできるのか?相続放棄の起算点や生前に相続放棄できるのかなど相続放棄ができる期間について紹介していきます。